読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

これは太れる!今、肉サンドを食うならローソンだ!

ランチ グルメ

どうも、デーブ・トクモリです。

いつものとおり、夜ガッツリ食べるためにお昼は軽くサンドイッチにでも。って訳でローソン行ったら、肉サンドばっかり!というわけで急遽、肉サンド祭り開催のはこびとなりました。

■エントリー1 スパイシーフライドチキン 320円(税込)

フライドチキンです。鶏です。最初はこのあたりから攻めて行きましょう。

肉でけえ!身もギュッと詰まっています。肉に目が眩んでレンジで温めるの忘れてしまってました。あ、個人的にはフライドチキンサンドは冷たいままでもイケるクチです。

プリッとした鶏肉の歯ごたえと、マヨペッパーの味付けが最高!これは太れる!

■エントリー2 厚切りロースカツ&ダブルハムカツ 298円(税込)

おいおい肉の二刀流か。ロースカツとハムカツ、メジャー級の潜在能力を持った2つのサンドを、どちらも諦めない!

まずはロースカツ。これはメジャー級の厚み。iPod touchのカメラアプリで写真撮ってるんですが、ちょっと青っぽくなっちゃったなー。

ちゃんと奥までギッシリ詰まってます。見えるとこだけ多そうに見せてるなんてセコいまねはしませんよ。

こっちがハムカツ。2枚重ねのボリューム感が嬉しい。

こっちも奥までギッシリ。なんでこんな青い写真になってんだ!iPod touchイケてねーな!もっと太れよ!ロースカツもハムカツも、ソースとからし、という大変オトコノコな味付けでたまんねえぜ!

こいつはヤベエ!というわけで、この日は夕食もローソンの肉サンドに。ランチとディナー、肉サンドのダブルヘッダーであります。野球ではとんと見ることがなくなったダブルヘッダーですが、肉サンドで夢の実現です。

 

■エントリー3 メンチカツ 280円(税込)

メンチカツ!完璧にオトコノコ向けメニューですねー来ちゃいました。すでにアブラがパッケージ内側でギラギラとハイカロリーの輝きを見せています。

食べる前に後ろ側から見ても、パンギリギリまでメンチカツが詰まってることがわかります。そしてソースこぼれてるよお!

このギュニッチリとした歯ごたえ。カロリー。ただただカロリーを感じます。

めちゃくそ美味い。濃厚なソース味。

■エントリー4 ロースミルフィーユかつ 350円(税込)

いよいよローソンの最終兵器、ロースミルフィーユかつの登場であります。薄切りロースをミルフィーユのように積層してカツにしたという逸品。

薄切りロースといえども、積み重ねられればこのボリューム。

メンチカツほどではありませんが、こちらも「前だけ多そうで後ろはスカスカ」なんてケチくさいことはありません。

かぶりつくぞ……かぶりつくぞ……!

!?!?!?!?

なんだこの歯ざわり!?切れ味のいい包丁をスッと通したような、抵抗感のない極上の柔らかさ!これが薄切りにしたロースの食感なのか!!そして、口の中でふわっと広がると、見た目通りのボリューム感。そしてこってりとしたソース味。うおおおお、さすがローソン肉サンド軍(勝手に命名)のエース!これ何個でも食えるよ!カロリー、カロリーの結晶だ!

最近はサンドイッチというとベジタボーで健康志向!って感じのがどこのコンビニでも多いのですが、そんな中「ウチは四番打者を一番から八番まで揃えたから」って感じの、落合とか清原がいたころの巨人みたいな打線を構築しているローソンはデブから見て信頼できるコンビニとして注視していきたいと思います!

(C)エンジョイ!デブライフ