読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

AKRacing NITROのモニターに当選しちゃった!の巻

ガジェット

どうも、デーブ・トクモリです。写真は、私の日常的なパソコン操作環境です。これ、部屋を掃除した(これでも!)以外は冗談抜きにマジです。寝パソコンとかどこのインターネッツ廃人?って感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、掛け値なしに私の部屋です。終わってますね。

右に見えてる椅子はどうしたの?って思われるかもしれません。もうしこしカメラを右に向けると、デスクがあります。

これ。今回の記事用にノートPCをおいていますが、実態としてはテレビ台と化しています(ノートPCの奥においてるのが32インチ液晶テレビ)。見てのとおりの狭い部屋なので、折りたためるパイプ椅子でいいや、とホームセンターかなんかで1500円ぐらいで買ったものです。でも、全然使っていませんでした。

なんで使わないの?

 

試しに座ってみましょう。

f:id:TNB:20151101134300j:plainわかりづらいかもしれませんが、座面が前方に傾斜しています。そう、すでに私の0.1トンのボディに耐え切れない状態になっているのです!

「これ、ひょっとしてバキンって行くんじゃ……」

という不安を抱えたままだとどうしても意識が作業に集中できませんし、長時間作業していると、どうしても腰や座面(要するにケツ)が痛くなります。所詮パイプ椅子なので当たり前ですね。

そんなわけで、自然とデスクに向かわなくなり、ベッドに寝っ転がってインターネッツに勤しむようになりました。キーボードとマウス(親指トラックボール)も無線化し、枕元のPCをメインマシンにしてグータラPCライフにシフトしていったわけです。

ちなみに、愛用しているのは上記2アイテムですが、これらはグータラPCライフ以外にもとっても便利なので普通におすすめです。特にキーボード。

ただ、この姿勢、腰はラクだしそのまますぐ寝られるのはいいんですが、なにげにクビと肩(特に右肩)への負担がキツいことがわかってきました。クビはモニタを見上げた状態なのでストレートネック待ったなしですし、右手も前方に引っ張られた状態なので、僧帽筋が伸びた状態のまま固まってしまい、右肩だけ超肩こり……どころか、鋭い痛みが走るようになってしまいました。

どげんかせんといかん。 

モニターに募集……当選! 

そんなこんなで、やっぱPCデスクでの作業環境を復活させなきゃなー、と思っていたところ、今回紹介するゲーミングチェア「AKRacing NITRO」のモニター募集を発見したんです。やっと本題です。遅いよ!デブは遅いんです。許して。

f:id:TNB:20151101135622j:plain

倍率高そうだし、どうせ当たらんだろー、と思ったのですが、「100kgの体重を包み込んで快適に使えるかどうかを試してみたい!」と意気込みを書いて応募してみました。そしたら……当たったー!!!モニター募集、人生初当選なので素直に嬉しいいいい!

そしてでけええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!

記念に測ってみました。

約80cm×70cm×40cm。

デカい。デカいよ!この商品の最初にして最大の試練玄関先での受け取りだと思います!このまま部屋に置いといても狭い部屋が更に狭いだけなので、とっとと組み立てます!

「組み立て方の紹介」とか特に要らんと思うのでパッパと省略します!細かい組み立ての過程は、Game Watchさんのレビューが参考になると思います!

game.watch.impress.co.jp

当たり前のこととして、背もたれ付きの椅子ですんで、個々のパーツはデカいしそこそこの重量があるんですが、組み立て工程はシンプルですし、1000円のガンプラよりよっぽど簡単に組み立てられます!取説だってこんだけしか工程ありませんしね。でもこれで十分作れます。

個人的に嬉しかったのがこれ。軍手付き。薄手ですが、組み立て作業への配慮が感じられました。そんなこんなで、一気に完成!ヘッドレストまである背もたれのサイズは、存在感アリアリ。すでに充実感たっぷりです。今までのパイプ椅子はなんだったのか……。

カラーリングは5色あるのですが、「戦隊物でデブといえばイエローだから」という理由で、近い色のオレンジを希望しました。いやまあ、最近はイエローって女性キャラが演じてたりしてますよね。でも他にデブっぽい色がなかったので……。

完成!ほわああああああああ……すでに座り心地に感動が……。次回は、実際の使い心地について紹介しますよ!

 

 

(C)エンジョイ!デブライフ