読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

デブでもレーサー気分!ゲーミングチェア AKRacing NITROでPC環境がレーシングマシンのコックピットに

ガジェット

こんにちは、デーブ・トクモリです。以前、ゲーミングチェアのモニターに当選したことをブログに書きました。いやー、美しくないですね!小汚い部屋とデブのコントラストが。綺麗なのは新品のイスだけですよ!

その続編として、今回は肝心の使い心地について書いていきたいと思います。まずは、組み上がったAKRacing NITROの各部をご覧いただきましょう。

 

各部紹介

ヘッドレスト。背もたれに空いた穴にバンドで固定されてます。キーボードに向かっている(上体を起こしてる)ときには体に触れないわけですが、背もたれに身を預けたときにコイツの真価が発揮されます。

腰部分のクッション、ランバーサポート。深く腰掛けても浮いてしまう、腰裏のスペースを埋めて負荷を分散してくれます。

座面はフラットな印象ですが、低反発ウレタンが入ってるので座り心地は良好。

肘置き。これが実はチョ~重要。オフィスチェアでも、肘置きは絶対あった方がいいです。職場でイスを選ぶ機会があったら、絶対に肘置き付きを選びましょう。

実際の使い心地チェック 

■使用前

■使用後使用前がヒドすぎて比較するまでもないというのはさておき、背もたれと腰のクッションで隙間なく背中をサポートしてくれるので、負担が格段に軽減されます。これ、まるで包み込まれるかのような感触で、ちょっと感動します。包み込むどころか溢れてるだろ!というツッコミはナシでお願いします。

自動車のオプションパーツとかでありますよね。レーシング用シート(バゲットシートってやつ)。レカロのやつとか。実際に座ったことないんですが、こんなにフィット感あるものなんですね。すごいわ……。レーサーってこんなシート座ってるのか……。

モニタを眺めるデブ。肘置きがあると、手を伸ばす(キーボード入力をする)時以外に腕を持ち上げる必要がなくなるので、肩や腕の負荷がグッと減ります。つーかですね、デブは腕も重いんですよ。重い腕を常時ぶら下げていれば、そりゃ肩もこるというものです。もうちょっと肘置きの位置を上げると、肘置きに肘をついたまま入力出来るようになります。

快適さに喜ぶデブ。笑顔が汚いですね。

そしてリクライニングは180度可能。これ、地味にスゴいですね。だいたい、微妙に角度がついてることが多いんですが、ほぼ真横になりますよ。オットマン(足置き)が付いてないのがめっちゃ惜しい。座り心地がいいので、このまま寝ちゃいそうだけど、下半身がそのままなので、起きたら両足バッキバキになってそう。オプションで後付けできないのかなー。

ちなみに、そもそもデブが座って大丈夫なのかという点ですが、ガスシリンダーの耐荷重が150kgとのことで、このシートに収まるサイズのデブなら全然問題なさそうです。※もちろんボクは「収まっている」うちに入ります

ファーストインプレッションまとめ

○ここがステキ

  • 包み込むような座り心地
  • 高さ調整可能な肘置き
  • 180度リクライニング
  • 全般的に超丈夫そう

△ここが気になるかも

  • 夏場ムレるかも
  • オットマン(足置き)が欲しい

というわけで、これは長時間のデスクワークにピッタリなんじゃないかと!実際にしばらく使い込んでみて、また改めてブログを書きたいと思います。

……とか思ってたんですが、ちょうどこれ書いてる最中に、デスクトップPCがぶっ壊れてしまいました。Oh... orz

(C)エンジョイ!デブライフ