読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

クリスマスの時期にささくれてしまうアレへの対処法が判明

ライフハック

メリークリスマス!デーブ・トクモリです。

メリークリスマスだっていうのになんでこんな嫌そうな顔をしているかというと、クリスマスだっていうのにぼっちだから心がささくれている……のではなく、指先がささくれ(さかむけ)ちゃってるからです。

ちょっとわかりづらい上にツメが伸びてて汚くてすみません。このツメの根本のとこですね。ちょっとさかむけ状態になっています。この季節、同様の方も結構いるんじゃないでしょうか。

これ、別に血が出たりするほどの傷ではないんですが、起毛の布地(コートのポケットとか)にいちいち引っかかって、ピリッとした痛みが走るのが大変鬱陶しいわけです。

なんかいい解決策がないものか、と思って薬局に行ってみたところ、ちょうどいいアイテムを見つけたので紹介したいと思います。ここまで前置きです。長い!

 

凄いぜキズケアフィルム

薬局で見つけたのがコレ。キズケアフィルム(コンパクト)。薄いフィルムで傷部分のみを覆うというものです。

中身自体は絆創膏チックな包装。

サイズ的にはこんな感じ。人差し指の第一関節よりちょっと短いぐらいです。ちなみに、ボクは普通の人よりかなり指が短いので、普通の成人男性ならもっと小さいと思います。

こんな感じで、台紙を剥がしてさかむけ部分を中心に貼ります。このとき、つま先に合わせないよう注意しましょう。

フィルムの甲側を剥がすとこんな感じに。薄い。超うっすい。ツメの両サイドとかデコボコしている部分がちょっと浮いているので、指の腹などで押してなじませます。

なじませた結果がこれ。パッと見では、フィルムを貼ってることも分からないぐらいです。そして、さかむけ部分は当然として、フィルムとツメの境界線部分すら引っかかりがありません。スゲー!

あと、普通の絆創膏みたいに指の腹までぐるっと巻くわけではないので、指先の感覚に影響しないというのもいいところ。いや、もうほんとに貼っている感覚を忘れるレベルですよ!

超・快・適♥

ちなみに、根本的には、ビタミンBなどをちゃんと摂取することがさかむけ対策の基本になるようです。今回紹介したのは、あくまで「さかむけになっちゃった」ときの対処療法となります。でもこれ、本当によく出来ているので、この時期悩んでる人にはチョ~オススメです!

(C)エンジョイ!デブライフ