読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

都心から2時間で行ける超絶景!山中湖でダイヤモンド富士を見よう!

おでかけ 写真

いきなりですがダイヤモンド富士です

初めて撮影したので勝手がわからず(調べてから行けよ!)、なんか光条もイマイチなのですが、こういうシーンにサクッと出会えるんです。都心から2時間ぐらいで。

場所は、富士五湖のひとつ山中湖。あったりまえですが富士山のすぐそば。

クルマなら中央自動車道から東富士五湖道路で行くか、東名高速道路を御殿場で降りて北上するのが手っ取り早いのではないかと思います。

どこでダイヤモンド富士が見られるかは、山中湖村の公式サイトで丁寧に解説してくれてるので参考にしてみてください!2月末まで日没のダイヤモンド富士が見られます!

ダイヤモンド富士はすぐ終わる

ダイヤモンド富士、当たり前なんですが「日本で一番高い場所に沈む」ので、日没がメチャクチャ早いです。16時どころか、15時半ぐらいに沈んでしまいます。そしたらどうするの?場所を移動しましょう

山中湖の湖畔を移動すれば、日没の場所もズレるので、ダイヤモンド富士以外の風景も楽しめます。

というか、15時半とかだと空がまだまだ青いので、もう少しあちこち回って、富士山の夕景を楽しむのがオススメです。

望遠レンズで富士山頂付近を撮影するのもオススメ。登山道がクッキリ見えます。まあ、要するに登山道がガッツリ雪に埋まってるわけですが。

日没から小一時間ぐらいは、夕景のグラデーションが徐々に濃紺の夜景に変わっていく様子を楽しめますよ。

ちなみに、日没後はものすごい勢いで寒くなるので、無闇に粘るのはやめましょう。時期的に、道が凍結したりもするので(昼間はまあ平気なことが多いのですが)、防寒対策だけはしっかりとして行ってくださいね!ボクももう1度ぐらいリベンジしに行く予定です!

ではでは。

今回つかったカメラとかレンズとか。三脚はめんどくさいので全部手持ちでした。手抜き!

↑のレンズの現行版(ソニー版)はこちら

(C)エンジョイ!デブライフ