読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

【小ネタ】Peak Designのスタンダードプレートをちょこっと改造して使いやすくしよう!

ガジェット カメラ

こんにちは。カメラ持っておでかけ大好き、デーブ・トクモリです。前のエントリで、Peak Designの超絶便利かつスタイリッシュなカメラバッグの話を書きました。 

今回は、その関連商品のちょっとした小ネタというかプチ改造を紹介します。

シンプルで機能的なPeak Designアイテム

ちょっと前から、カメラ周辺のストラップやカメラマウントをPeak Designのアイテムで揃えつつあります。なんでかっていうと、単純に便利だから。

着脱自在なアンカー(上の写真中央の、丸いボタンみたいなのがついたストラップ)と、アルカスイス互換で他社の雲台や三脚類と相性の良いカメラマウントは、カメラの取り回しをびっくりするぐらいラクにしてくれます。

個々の商品の解説は、もういろんな方がされてるのでそちらを見た方が早いかなと。ボクは、LEASH(リーシュ)というミラーレス向けのストラップと、CAPTURE CAMERA CLIP(キャプチャーカメラクリップ)という一番ベーシックなカメラマウントを使っています。

スタンダードプレートをプチ改造して便利に!

で、LEASHストラップや、CAPTURE CAMERA CLIPを買うと付いてくるのが、最もベーシックなクイックリリースプレートであるスタンダードプレート。

四方向どちらからでもCAPTURE CAMERA CLIPにマウント可能。また、アルカスイス規格と互換性があるので、同規格を採用した雲台にもマウントできます。四隅にはストラップホールが空いてるので、アンカーを取り付けたり、いろいろな使い方が。

そんなスタンダードプレートなんですが、カメラと接続するネジ部分が、六角レンチかマイナスドライバー(とかコインとか)でないと締められないんですね。もちろん六角レンチがあればぎっちり固定できるんですが、手で回せないのはいささか不便。というわけで……

ネジをサクッと付け替えちゃいましょう。

↑こういうカメラ関係の小物は、カメラ量販店よりAmazonの方が探しやすい(マイナーな商品も多い)ですね。

付け替えると、こんな感じになります。

Dリングつきで、手で回せます。六角レンチ用の穴のサイズも一緒なので、純正のレンチも無駄になりません。

ネジ側もこのとおり。色以外は全く変わりなく使えます。お手軽簡単に使い勝手をアップできるので、スタンダートプレートをお持ちの方はぜひお試しあれ!

ちなみに

これ以外の「マイクロプレート」や「プロプレート」などは、最初からDリングつきのネジが付いています。f:id:TNB:20160218225435j:plain

スタンダートプレートもケチらずDリングつきにしてくれればいいのに……。

 

(C)エンジョイ!デブライフ