読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

東京から車で2時間半!長野県にある、日本に2つしかない「五稜郭」、龍岡城の桜が満開だった!

おでかけ 写真

都会というジャングルに生きる、本当の桜ハンターになりたい。

こんにちは、デーブ・トクモリです。ほとんどの人には意味が分からないと思いますが、西部警察 PART III 第36話 「対決!マグナム44」をぜひ見てください。あなたも「都会というジャングルに生きる本当の狩人」になりたくなるはずです。


※有料動画ですが、超オススメなので視聴推奨です 

いつから五稜郭が函館に1つしかないと錯覚していた?

そんな桜ハンターにとって、まだまだ桜のシーズンは終わっていません。というわけで、今回は長野県佐久市にある、「龍岡城五稜郭」に桜を追ってきました。場所はここ!見てください、このキレイな五芒星!

この長野県佐久市にある「龍岡城五稜郭」は、慶応3年(1867年)に完成をみた、稜堡式城郭。サイズは、函館にある五稜郭のだいたい半分。かつては龍岡藩の藩庁が置かれていたそうです。現在は城郭内部は国指定の史跡に、内部の敷地は、なんと小学校になっています。

さあ見てもらおうか、満開の桜を!

この日(4月17日)は朝から雨だったんですが、昼過ぎにカラッと晴れて、超キレイな青空が!個人的に今年一番の桜日和でした!というわけで、ここからは写真を!

前述のとおり、サイズは函館の五稜郭のだいたい半分。なので、城郭を囲む堀も、ほどほどのサイズです。
函館の五稜郭みたいな雄大さはありませんが、こぢんまりとして良くまとまったサイズで、ぐるっと見て回るにはちょうどいい広さです。

お堀の水面は静かなので、青空と桜が水面に映えます。


城郭内部(校庭)から、土塁の上の桜を見上げてパチリ。のどかな春の風景。

深い青空と、白い桜。いいですよね。

4月17日時点で満開だったので、4月21日現在は散り始めていると思いますが、お堀は小さく静かなので、今週末あたり花筏が見られるのではないかと思います!桜は満開もいいけど、散り始めが一番美しいと思うので、まだ間に合います。今週末のおでかけに、日本に2つしかない五稜郭、オススメですよ!

 

↑のレンズの現行版(ソニー版)はこちら

(C)エンジョイ!デブライフ