読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

【北海道2600kmクルマ旅その1】北海道にマイカーで行ってみた!三井商船フェリーで大洗から苫小牧へ!

北海道旅行記2016 おでかけ サンバー 写真 クルマ

f:id:TNB:20161102202355j:plain

こんにちは、一人旅大好き、デーブ・トクモリです。

私の勤め先は夏休みが5日間あるのですが、6月~10月の間で自由に取得して良い、というルールになっておりまして、どうせなら、ということで9月の連休にくっつけて旅に出ることにしました。

行き先は……試される大地、北海道!というわけで、旅先で見たもの食べたもの遭遇したもの、いろいろお届けしていきたいと思います!

クルマで北海道へGO!

さて、北海道に行くにも
・北海道新幹線
・航空機
・マイカー
といろいろ手段があるのですが、今回は(というかこのブログではいつもですが)マイカーを選択。10年前に一度行ったことがあるんですが、現地での移動にヒジョーに困ったんですよね……。現地でレンタカーでもいいんですが、10日前後になるので、やはり自家用車がいいかなと。


というわけで、茨城県は大洗のフェリーターミナルへやってきました。


乗るフェリーは「さんふらわぁ しれとこ」。深夜発の便です。


待機列に停車中。


行き先は苫小牧。1:45発で、苫小牧には19:45分着予定です。


カジュアルルーム(4人部屋)はこんな感じの寝台席。


ライトのそばに電源が用意してあるので、さっそく陣地を構築しましょう。


当たり前なんですが、深夜発なんでなんも見えませんし、なんもすることがありません。売店で缶ビール買って、自販機コーナーでツマミ買って(自販機コーナーにはお酒の自販機もあるんですが、11時以降は販売中止してます)軽く晩酌してさっさと寝てしまいましょう。

ちなみに、深夜便はトラック運転手のおっちゃんたちがいっぱい乗ってるんですが、皆さんは食料をガッツリ持ち込んでガンガン飲んでました。

太平洋沿岸は結構電波が入るゾ

というわけで適当に飲んだくれて翌朝です。気がつけば宮城県沖でした。


見ての通りの海の上ですが、結構陸からの電波を掴んでくれます。この辺、東京湾→徳島行きのフェリーより電波の掴みは良好な感じ。


甲板に上がるとこんな感じ。陸地から結構近いところ航行しています。


船内の案内所。グッズの販売とか、夜間の酒類の販売でお世話になります。


食堂(自販機コーナー)はこんな感じ。いちおう食堂施設があるっぽいんですが、今は営業されておらず、自販機で冷凍食品をチンしてねというかたち。


食堂の先にはラウンジがありまして、ちょっと落ち着いた感じでくつろぐこともできます。まあ、トラックの運ちゃんたちのたまり場になっちゃうんですが。


そんなこんなで、下北半島を超えたところで日没の時間です。


海の上なんだから当たり前なんだけど、なんにもないから空が広い!


通りかかった船と一緒に撮ってみました。日没方向には函館とかがあると思うんですが、陸地は全然見えないですね……。


そしていよいよ、苫小牧港に入港!


とりあえず腹が減ったので、地元の人気回転寿司店にピットイン!


あー、うめー……。ネタは北海道産のものを中心にチョイス。明日からの北海道めぐり本番に備えて鋭気を養います。

 

このあと、翌日の朝行く予定の場所に向かって高速道路に入って、PAで寝ることにしました。というわけで、北海道旅行記第1回はここまで!次回をお楽しみに!

 

今回使ったカメラとかレンズたち

(C)エンジョイ!デブライフ