エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

【レビュー】Huaweiの最新スマートフォンMate9をゲットしたのでカメラ性能をP9と比較してみた

f:id:TNB:20170118215156j:plain
こんにちは、デーブです。やはりデブライフをエンジョイする上で、摂取したカロリーをSNSなどで共有するためにスマートフォンはカメラで選びたいところ。

だったらiPhoneかGALAXYかXperiaにしとけばいいじゃん!って話なんですが、それはそれでおもんないわけです。あと、今はMVNOのSIMを使っていることもあり、SIMフリーの端末からチョイスしたい。そんなボクが2016年に遭遇したベスト端末がHuaweiのP9でした。

 現物見ないまま発売日にヨドバシドットコムで買うという清水の舞台からヘルダイブするような冒険でしたが、ライカブランドを冠したカメラは、期待を十二分に上回る満足感が得られたのでした。

そんなこんなで愛用してきたのですが、Huaweiから最新フラグシップ「Mate9」が発売される、そしてデュアルレンズカメラも新しくなってる、という話を聞いて、ついポチってしまいました。ちなみに、2016年末の発売直後は速攻品切れしていたので、年が明けてからのゲットです。

まずは高級感ある箱から取り出して外見から比較!

というわけで、まずは開封の儀から。


P9のときは白い箱に入っていましたが、Mate9ではチョコレート色でした。こちらも高級感あります。


開けるとこんな感じ。


付属品類が入ったハコ。Mate9は独自の高速充電機能があり、それに対応した4.5A出力(おいおい)のAC-USBアダプタが入ってます。


取り出してみたMate9をP9と比較してみます。左がP9、右がMate9。デカい。だいたいiPhone7と7plusみたいなサイズ感です。ちなみに、P9は「チタニウムグレー」、Mate9は「ムーンライトシルバー」です。うーん、画面外の部分はP9みたいに黒くして欲しかったなー。


背面はこんな感じ。P9では背面のクソ目立つところにCE番号のシールが貼ってあったのですが(写真でははがし済み)、Mate9ではHuaweiのロゴ下にプリントされています。

デュアルレンズの位置は、P9では背面左上だったのが、背面上部中央に変わりました。ライカ銘も随分控えめに。P9では、撮影時に添えた左手がレンズに写り込んだりすることがたまーにあったのですが、Mate9ではその心配はなさそうです。

ただ、指紋認証センサーの近くになったんで、うっかり指で触ったりしそうな感じがしますね……。

Mate9とP9のカメラを実写で比較!

というわけで、いよいよ本題。Mate9とP9のカメラを実写で比較してみます。設定はどちらも標準状態です。

Mate9の方が気持ち明るいかな?ぐらいの感じ。


逆光で撮ってみました。レンズの並びが違うためか、フレアの出方も違います。Mate9の方が気持ちコントラスト高めに出てるかな?


逆光が続きます。影面になってる中央のマンションは、Mate9の方がちょっと彩度高めに出てそうな感じ。

また逆光か!ほとんど差は感じられません。


日陰のポスト。P9の方がちょっと青っぽく写ってますね。


Mate9は暖色系に寄せてるのか?というとそういうわけでもない例。ちなみに、Mate9の方が実際の見た目には近いです。


照明を撮ってみたところ、P9は現物よりやや青っぽくなりました。


夜景。中央のビルでAF・測光をしているのですが、Mate9の方が明るめに出ました。


こちらも同様に、Mate9の方が明るく写っています。これはP9ぐらいの方がいいかなあという印象。夜空を明るく持ち上げるとちょっと締まりが悪いというか。

Mate9は暗いと判断したら早めに増感して明るめになってるのかな?と思ったのですが、上の写真の感度は、Mate9がISO800P9がISO1000です。そのかわり、Mate9は露出が1/4秒なのに対し、P9は1/17秒Mate9では光学式手ブレ補正が追加されたので、その影響でシャッタースピードを粘るようになったのだろうと思われます。

露骨だけど便利なナイスフードモード

P9のカメラアプリからの変更点として、撮影モードがいくつか追加されています。そのひとつ「ナイスフードモード」を紹介。


露骨に明度とコントラストを上げ、色を暖色系に振っています。


まーでも、InstagramとかFbとかにカロリー写真上げるにはこんぐらい露骨な方が便利でいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、全編通してP9とMate9で構図が結構ズレてるんですが、レンズの画角が一緒でも、液晶サイズが大きく変わってるので構図決めるときの感覚がえらい変わるんですよね。というわけで結構違っちゃってますがお許しください。

総評:カメラ自体はそんなに差はないのでお好きなほうを

ぶっちゃけ、カメラ目的でP9からMate9に買い換える必要はないと思いますw 今回、精細さが求められる写真(花のアップとか)は撮ってないので、2000万画素にパワーアップしたモノクロセンサーによる精細感の向上は実感できませんでした。全体的にちょっと明るめに出ること以外は、特に使用感に差は感じません(操作性はMate9の方がビミョーに向上していますが)。

前述の「ナイスフード」みたいな撮影モードの切り替えがあるのは便利です。ただ、P9はAndroid7アップデートが予定されているので、そこでカメラアプリが更新されて同じ機能が提供されるかもしれません。

というわけで、カメラ性能自体はそこまで目立った差はないよということで、画面サイズとかで好きな方を選ぶと良いのではと思います。メモリもP9は3GB、Mate9は4GBですけど、普通は使ってて差を感じることはないと思いますし。

現場からは以上です!

 

(C)エンジョイ!デブライフ