読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

"農道のポルシェ" スバル サンバーバンをお手軽車中泊仕様に!

クルマ ライフハック

絶対歩きたくない。デブだから。

こんにちは、デーブ・トクモリです。以前、富士山について書いたブログで、途中まで馬に乗って登った際にも書きましたが、デブの足は消耗品ですから、なるべく温存すべきです。 

何が言いたいかというと、デブは自家用車を持つべき、いや持たねばなりません。クルマを持つ利点について語り出すと長くなるのでざっくりまとめますが、おおよそ

  • 歩かずにあちこち行ける(電車よりきめ細かな移動が出来るゾ!)
  • 個室のまま移動できる(自室にひきこもったまま好きなところに行けるゾ!)

という点に集約できるのではないかと勝手に思っています。そして、「自分の部屋」の感覚で移動するからには、寝っ転がるスペースは必須なわけです。そう、どこでも車中泊できることが求められます。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで昨年末、自家用車を買い換えました。新しく買ったのは、一部で「農道のポルシェ」などと呼ばれるスバルのサンバー(サンバーバン トランスポーター)です。新車ではなく、H18年式の中古車です。

ちなみに、以前はH14年式の初代エクストレイルに乗っていました。

15年モノの車なんですが、とにかく丈夫で走破性も高く(震災直後に東北の知り合いの応援に行ったときには本当に心強かった)、積載量も十分でイイ車でした。後部シートを倒せば荷室もフラットになるし、ギリギリ横になって寝られるぐらいのスペースもありました。正直、乗り心地含めてサンバーよりずっと上のクルマです(当たり前だ)。

でもまあ、そこそこ年式いってる車なので、燃費と維持費(税金など)がちょっとしんどかったんですよね。走行距離10万キロ目前だったので、車検のタイミングで手放すことに。そして、新たにサンバーをお迎えしたわけです。

軽なのに超広々!サンバーバンのここがステキ!

さて、エクストレイルの話はここまでにして、改めてサンバーくんについて紹介しましょう。クルマとしての面白みは、おおよそ「RR(リアエンジン・リア駆動)」であることに尽きるのではないかと思われます。農道のポルシェ、なんて言われるゆえんもそこですし。

ただ、クルマとしての魅力はすでに語り尽くされてる感もありますし、ボクも語れるほどクルマ乗りでもないので、上記リンクあたりをお読みいただき、「なんだか面白そうなクルマ」ぐらいに思っていただければいいのかなと。今回のキモは、軽商用バンをお手軽車中泊カーに仕立てあげることです。

だもんで、とりあえず車内を紹介します。

運転席・助手席。なにしろエンジンが前にありません。そして、タイヤは座席の真下。ということで、足元がとっても広い!

このクルマ、一般乗用車ではなく、軽貨物用途に分類される商用車なので後部シートはほとんどオマケみたいなもんです。

この時点でも荷室は広々。そりゃそうだ。荷物積むためのクルマなんだから。でもね、

板みたいな後部シートを、こうして折りたたむと……

ムチャクソ広い荷室が誕生!広い!広すぎる!

これが軽貨物車、商用軽バンの本気ですよ。広いぜ広いぜ広くて死ぬゼ! こんだけ広ければ、寝っ転がったりも余裕なんじゃね!?

ただ、ほぼまっ平らなんですが、荷室部分は(直下にエンジンがあるので)耐震材とかが入ってたりして、ちょっとモコモコしてたり。一方で後部シートがあったところは、そのまんま床なのでカッチカチ。微妙にデコボコというか、均一な床になってないところが気になります。

すのこベッドとマットレスで快適な寝台スペースが完成!

分厚いマットレスでも敷けば気にならなくなるかもしれないけど、高いし、場所取るし(後部シートを使う際はどかす必要があるので)、なんかいいのないかなあ、と探したところ、見つけたのがこれ。ニトリで売っていた「すのこベッド(シングルサイズ)」。

こいつのいいところは、4つのすのこがベルトで連結されているところです。

連結部分はこんな感じ。

これをこんなふうに展開して……

完成!バラのすのこを幾つか並べる場合と違って、ベルトで連結されているのでズレたりしないところが長所でしょうか。あと、そもそも「ベッド」って言い切って売ってますからね。ニトリ。

そして、すのこベッドの上にはこれ!

ニトリの6つ折りマットレス!

このマットレス、安くて省スペースで割としっかりしてるということで、車中泊好きには人気みたいです。

展開するとこんな感じ。一段余ってますが、とりあえず折り返して枕代わりにでもしておきましょう。

本来はこの上に布団を敷く前提なので、ちょっと固め。でも、そのおかげで3cmの厚みでも、床の硬さを感じることはありません。ぶっちゃけこの上に寝ても大丈夫なレベル。なるほど、こりゃ車中泊用に人気が出るわけだ。

で、一段余るってことは荷室は案外短いんじゃないの?って思うかもしれませんが、そんなことは全くありません。身長173cmのボクが足伸ばして寝られます!

ドーン!ん~~!気ン持ちいいィ~~~~~!

頭側はこんな感じ。1枚折り重ねた状態でジャスト170cmぐらいでしょうか。上下にまだスペースがあるので、全部広げても収まるかもしれません。

 

というわけで、とりあえず寝床だけ確保した新たな愛車・サンバーくん。こいつでバリバリおでかけしつつ、より快適な空間づくりを目指していきたいと思います!またなんかイジったらブログで報告しますね!

んじゃ!

(C)エンジョイ!デブライフ