読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

体重だいたい100kg!というデブライフをエンジョイするデーブ・トクモリが、「カロリー(熱量)=アツいこと、楽しいこと」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...を追いかけます!

【北海道2600kmクルマ旅その9】雲上の絶景!トマム「雲海テラス」で感動の夜明けを迎えよう!

f:id:TNB:20170404184831j:plain

どうも、デーブです。ダラダラと半年近くかけてしまった北海道旅行記シリーズ、やっとこさ最終日となりました。(ブログ的にはあと1回、まとめ記事を書く予定です)

修理に出したサンバーを取りに行っただけの前回はこちら。

天気晴朗っぽいので雲海テラスにリベンジ!

というわけで、北海道最終日(正確にはフェリー出港は夜1時なのだけど)。フェリーの乗船受付などもあり、20時には苫小牧にいなければなりません。という条件下で今日のメインに選んだのが、トマムの雲海テラスでした。

ここ、北海道上陸翌朝に行く予定だったんですけど、雨降ってて諦めたんですよね。 

サイトの「雲海予報」を見ると、バリバリに晴れて見られそうということで、旅の最後にリベンジすることにしました。(北見から車回収して帰りの行程にちょうど良かったというのも大きいです)

ちなみに、2017年の営業は5月13日からスタートだそうです。


場所はこちら。北海道のド真ん中やや南。


時間は朝4時20分。星野リゾートトマムの宿泊客の方が多いのだと思いますが、宿泊以外の一般客も入場出来ます。


ゴンドラリフトに乗って、いざ雲上の世界へ!


上りのリフトから下界を眺めます。すでに谷間に雲海がたちこめてますね……。


そして雲海テラスへ。予想よりかなりテラス部分がガスっていて(というか雲がかぶっていて)、文字通り雲行きが怪しい感じ……頼むよー


ガスガスガスガスガス……


あああ、ガスガスしたまま太陽が!


モヤァ~~~~~~ッ!

朝もやの向こうに現れた雲上の絶景

その時、不思議なことが起こった!

陽の光に照らされて、ガスが晴れていったのだ!(って、まあ日光で温度が上がったからとか、それで気流が変わったとかなんだと思うんですけど)


というわけで、雲海の絶景が眼前にドーン!!!!


調子がいいときは、手前の谷筋もすっぽり雲の下に埋もれるらしいですが、この時点でも十分な絶景っぷり。特に中央左奥のほうとか。ズームしてみましょう。


超カッコイイ!巨大な雲の壁が垂直に切り立ってるみたい。さながらファンタジー世界の浮遊大陸みたいな雰囲気です。


こんな感じで、みんな目の前の光景に目を奪われてます。


そして下山。雲海の中にゴンドラリフトで突っ込んでいくと……


こんな感じで下界は雲の中でした。あんなに青かった空も、今はまっしろしろ。ものすごい落差です。


そのあとは、苫小牧方面にだらだらーっと移動して、お土産買ったり、帰りの船内で飲み食いするものを買ったりしました。

再び船上の人に


というわけで、北海道での旅程は全て終了。苫小牧フェリーターミナルで出港を待ちます。


苫小牧のフェリーターミナルは、八戸や仙台行きの航路もあって利用者も多く、売店なども(大洗に比べて)充実していました。


そして帰りの船内。いやまあ、行きと同型船なので、特に説明することもないのですが。照明わきにコンセントがあるので、USB充電器などが使えます。

これも行きと一緒ですが、海岸に近いところなら普通に携帯電話の電波はつかめます。

19時間ほどの航海になりますので、読書するなり飲んだくれるなりしましょう!足を伸ばして入れる大浴場もあるので、旅の疲れも落としておきましょう。

走行距離2600km、移動距離4000kmの旅、終了!

そんなこんなで大洗に20時ごろ到着、自宅(神奈川県川崎市)まで自走して帰宅とあいなりました。


サンバーの走行距離が1292km!


前日まで借りてたTIDAが1372kmだったので、総走行距離は2664km!!いやー走った走った。

いやまあ、自宅と大洗が往復で300kmぐらいあるので、北海道での走行距離は2350kmぐらいだと思うんですけど、それでも過去の1回の旅行での走行距離としては最長かなと思います。フェリーの航路が片道754kmらしいので、総移動距離は4000km超えますね……。それでも回りきれない北海道、ちょー広い!また行きたい!

現地でレンタカー借りるのもいいですけど、マイカー持ち込みだと自由度も高いですし、感慨もひとしおだと思いますよ!(途中でぶっ壊れたりしたしね!)

 

次回、旅で回ったオススメスポットをまとめて振り返って終わりにしたいと思います。あと1回おつきあいください。では!

 

今回使ったカメラとかレンズたち

【レビュー】赤いiPhone7plusをゲットしたのでデュアルレンズカメラをMate9(最新ファームウェア)と比較してみた

待望の「最新iPhoneユーザー」になった

こんにちは、デーブです。突然ですが、ずーっとiPhoneユーザーになりそこねてきました。なんつか、iPhoneって新製品が出た直後は品薄で全然入手できなくて、在庫が落ち着いてきた頃には、買う意欲もなんか落ち着いちゃってて「どうせ『s』が出るんでしょ」みたいになって、みたいな繰り返しだったんですよね。案外そういう人って多いんじゃないかと思うんですが。

iPhone7についてもそんな感じで、「どーせそのうち7s出るんでしょ」みたいなモードになってたんですが、つい先日の2017年3月下旬に、ひょっこり新製品が出たんですよね。

詳細は↑のサイト見ていただければと思うんですが、HIV対策キャンペーンの一環として、真っ赤な新カラーのiPhoneがラインナップされました。で、3/25から販売開始されたんですが、その、
3/26に注文したらあっさり買えてしまいました。まあ、完全な新製品ってわけじゃないし、そりゃそうか。で、3/28には手元に届いてました。はえーよホセ。


画面側は別にフツーなんですけど、チラッとサイドの赤い部分が見えるのがいいですね


裏面はもう真っ赤っ赤です。レッド!って感じ。映り込みでゴールドっぽく見えてますが、Appleロゴは銀色です。

Mate9とデュアルレンズを比較してみたヨ!

さて、デーブはもともとHuaweiのMate9というスマートフォンを持っています。

こいつが、だいたいiPhone7plusと同じサイズ(というか対抗機種だ)で、デュアルレンズであるところも同じ。画素数やデュアルレンズの使い方は異なりますが、せっかくだから比べて見たくなるのが人情ってものですよね。

ちなみに、Mate9はこの春にシステムアップデートがありまして、内容は「システムの最適化や安定性の向上」ということになってるんですが、地味にカメラアプリの性能もアップデートされています。その辺も踏まえて、比較してみたいと思います!

以下、基本的にMate9とiPhone7plusの写真の比較になります。分かりやすいように、Mate9ではアプリの設定でウォーターマーク(写真の左下に「HUAWEI Mate9」と書いてあるやつ)を入れてあります。それ以外は基本的にデフォルト設定。では、比較スタート!

標準倍率で比較!

まずは何も考えずにデフォルトの状態でパチリ。
IMG_20170330_135052

IMG_0261
あんまり変わんないけど、iPhoneの方が左の高架の下側が明るいかな?

2倍ズームを比較!

そのまま、同じ地点から2倍ズームで撮ってみました。
IMG_20170330_135106

IMG_0263
iPhoneの方がコントラストがクッキリして見えますね。ホワイトバランスとか測光の違いとかもあるんでしょうけど。ディテールの違いを見比べるために、ピクセル等倍で切り出して比較してみます。

●Mate9(ピクセル等倍)
f:id:TNB:20170403210438p:plain

●iPhone7plus(ピクセル等倍)
f:id:TNB:20170403210542p:plain
これは圧倒的にiPhone7plusですね。まあ、2倍ズームだと、iPhone7plusは「12MPセンサー+光学2倍レンズ」なのに対して、Mate9は「20MPモノクロセンサーの中央部切り出し+12MPセンサーの色情報を合成(多分)」というハイブリッドズームなので、純粋に光学性能でiPhone7plusの方に分がある感じかなと。

最大10倍ズームで比較だ!

2倍ズームでは光学オンリーのiPhone7plusに軍配が上がりそうですが、どちらもデジタル処理になる最大ズームならどうでしょう。ちなみに、Mate9はシステムアップデートでカメラのズームが最大6倍から10倍にパワーアップし、iPhone7plusと同等になっています。

IMG_20170330_135512

IMG_0267

今度はiPhone7plusの方がちょっと白っぽくなったかな?というかMate9の赤の発色がいいのか。では、中央奥にあるマンションにズームイン!

IMG_20170330_135530

IMG_0268
まあ、流石にデジタルズームなのでガビガビですね。ノイズはiPhone7plusの方が少なそうな感じですが、ディテールはMate9の方が残ってるのかな?こちらも等倍切り出しで比較してみます。

●Mate9(ピクセル等倍)
f:id:TNB:20170403214410p:plain

●iPhone7plus(ピクセル等倍)
f:id:TNB:20170403214427p:plain
iPhone7plusはノイズ処理など、画作り的な部分でかなり手が入ってる印象ですが、同時にのっぺりしたぬり絵っぽく感じてしまうところも。一方のMate9はノイジーですが、ディテールはよく粘って残してるんじゃないでしょうか。まあ、スマホの画面で見る分にはほとんど分からない差だと思いますが。

その他撮り比べ

ズーム周りのディテール比較がこれくらいにして、以下ざざっと2機種の写真を並べておきます。先に書いておきますが、暗部の持ち上げや色味の多少の違いは当然ありますが、大きな差はありません

IMG_20170330_135349

IMG_0264

IMG_20170330_135439

IMG_0266
桜は引きだとiPhone7plusが、寄りだとMate9が発色が良かったです。 

IMG_20170330_140008

IMG_0269
暗所はiPhone7plusの方が明るく撮る傾向かな?

IMG_20170330_160859

IMG_0272
大差なし。ホンの気持ち、赤味はMate9の方が強めかな?というぐらい。

IMG_20170330_162606

IMG_0274
点光源でも棒状フレアは出ませんでした(どちらも出るときは出ます)。この写真だと、iPhone7plusの方が夕日の輪郭がはっきりしていますね。ただ、iPhone7plusは中央下にゴーストが出ています。強い光源に対して、Mate9より若干ゴーストが出やすいような気がします。

IMG_20170330_221025

IMG_0278
光の色味が、やはりMate9は赤味が強め。それ以外はパッと見では大きな差はなさそう

IMG_20170331_002812

IMG_0283
こちらの写真でも点光源から棒状フレアは出てないですね。

というわけで、とりあえず景色とか静物を撮ってる限りにおいては、大して差はないと思っていいです!

基本的にデフォルトでの比較しかしてないので、ボケ味を表現できるポートレート機能(Mate9でいうワイドアパーチャ機能)については、また別途比較してみたいと思います。

 

【北海道2600kmクルマ旅その8】カムバックサンバー!クルマを引き取りに北海道中央部をグルっと3/4回転!

※今回は特に大きな見どころはないです(ひでー書き出し)※

 

前回はこちら

富良野では素泊まり3500円(税込)だったペンション列車HOUSEさんに宿泊しました。コンビニも近いし、部屋の広さにも文句はないんですが、個人的にはテレビがなかなか激アツでした。
9月下旬なんですが起きたら気温が10度ぐらいしかなくて、北海道すげえなって思いました。

サンバーを引き取りに北見へ戻ろう

この日の目的は、修理の完了した愛車サンバーを引き取りに北見へ戻ること。あいにくというか都合よくというか天気も良くないので、富良野から北見までの370kmの道のりをダラダラと走りました。本当に何もしてないので途中の写真が全然ありません。

道の駅遠軽で食べたラーメンの写真ぐらいでしょうか……。

そんなこんなでクルマを引き取りに行ったんですが、忘れちゃいけないのがレンタカーの返却。代走役として活躍してくれたレンタカーのTIDAくん。本当にありがとう。
返却前に何キロ走ったか見てみたら……
1372キロ!レンタカーでこんな距離走ったの初めてだよあたしゃ。ありがとうTIDA。乗り心地に関してはサンバーより圧倒的に快適だったぜ。乗用車バンザイ。


そしてカムバックサンバー。天気は悪いが、再会の涙雨だ。


サスのバネを純正に戻したので車高が下がりました(車高上げるバネ入れてたので)

淡々と帯広方面に南下

天気も悪いし、翌日が帰りのフェリーの出航日ということもあり、とりあえず淡々と南下していきます。

途中で休憩した道の駅りくべつ。「日本一寒い町」がウリらしいですが、実際この日も寒かった……。

ちなみに、この日の行程こんな感じです。


すごく頭悪い!
いやまあ、北見行かなきゃいけないから仕方なかったんですけど、それにしても特に観光要素もなくクルマ取りに行って戻るだけで300キロオーバーですよ。うーん。

帯広についたので、駐車場にサンバー停めてこの日の寝床が確定。せっかくだしジンギスカンでも食べたいなーと思ったんですが、連休中で大変大賑わいしておりまして、専門店は無理そうな感じ。

じゃあジンギスカンもやってる飲み屋さんにでもすっぺ、ということでこちらにピットインしました。


生ラムジンギスカン~~


こちらは塩ニンニクホルモン。


サンバーとの再会を祝して焼いていきます。美味しかったなー。

でもって、シメは豚丼でも食べたいかなーと思ってたんですが、帯広新名物「ぶためん」という看板を見かけて、「聚楽」さんに入ってみました。

ビルの地下にある、とっても昭和な雰囲気あふれるお店に入って、早速「ぶためん」を注文しました。


豚肉てんこもりのボリューム満点のラーメンが登場! なるほど、豚丼の具がのってるから「ぶためん」なのか!味付けは甘めで、片栗粉でトロみが付けられています。これは腹にたまるー!ナイスカロリー!

 

といったところで、この日は終了。北海道最終日となる明日はちょっと早めに行きたいところがあるのです。というわけで、次回で旅行記も最終回。有終の美を飾る超絶景にご期待ください!

 

 

今回使ったカメラとかレンズたち

【北海道2600kmクルマ旅その7】花!丘!池!北海道のど真ん中、富良野~美瑛は陸の絶景まみれだ!

昨年9月の旅行記がまだ完結しない、自分にだらしないデーブです。仕方ないですね。デブとはそういう生き物です。自分に甘く、カロリーにも甘い。

さて、今回は旭川を出発し、富良野・美瑛エリアをめぐります。

前回はこちら

復活の青い池

朝イチで最初に向かったのが、MacのOSXの壁紙に採用されたことでも有名な「青い池」。ただ、ちょうど1ヶ月前(2016年8月23日)に北海道を襲った豪雨によって、池の護岸が崩れ、池が茶色く濁ってしまったとニュースで報じられていました。 

なので、当初のルートでは外していたのですが、クルマがぶっ壊れた関係で旭川に一泊することになったので、どうせなら見に行くだけ行ってみよう、ということに。

場所は美瑛駅から道道966号をずーっと十勝岳方面に進んだところです。


道道に駐車場への誘導看板もあるので道に迷うことはないと思います。駐車場には、青い池についての説明が記された看板が。

さて、実際のとこどうだったかというと……

青い!やった!大勝利!どうも、護岸の修復もあって、濁った湖水も落ち着き、無事回復していたようです。いやー嬉しい! でもやっぱ晴天下よりも、雪がある方がより綺麗だろうなと思います。

富良野ならではの色彩豊かな花畑


青い池をあとにして、国道237号を富良野方面へ。青い空に花の色彩が加わります。そしてやってきたのが「ファーム富田」さん。

9月下旬なのでラベンダーの旬は終わりつつある頃合いでしたが、花畑は色とりどりの花でいっぱいでした。
紋別~稚内で見たような、「青い海!まっすぐな道!緑の牧草!」っていうスカっとした感覚とはまた違い、色彩豊かで気持ちも踊るような景色が広がっています。

メチャウマなジンギスカンを堪能!

そして、お待ちかねのカロリータイム。ファーム富田さんの近くには、気持ちに加えて血肉もわき踊るようなオススメのグルメスポットが。
ジンギスカン「白樺」さんです。本店は帯広にあります。

時間はお昼ちょっと前。ちょうど開店時間です。突撃だ!
メニューはこちら。ルールは超シンプルです。「ジンギスカンだけ食えばいい」ファイッ!


お店の銘入りのジンギスカン鍋。ヤル気に満ちあふれていますね。とりあえず、ジンギスカン、ラムジンギスカン、ライスを注文!
出た。もうこの時点で絶対美味いってわかる。勝者のオーラ。


こちらがラムジンギスカン。なんだか見た目にも若々しい。


そしてこちらがジンギスカン。大人の風格が漂います。

では、ここからはノンストップでお楽しみください。

うんめえ~~~~~~~(恍惚)

無精髭が伸びてるのは漫画喫茶泊の影響です。ご容赦ください。それにしても美味い。余分な脂がなく、くどさの全くない、柔らかく、それでいて肉の歯ごたえはしっかりあって、ああもう細かいことはいいんだよ!至高のカロリーなんですよ!

ライスも超美味い。雑穀入りですが、ジンギスカンの風味に超合います。迷わずおかわりしました。

六花亭の激ウマスイーツでカロリーはさらに加速した

隣には、「マルセイバターサンド」で有名なお菓子屋さん「六花亭」の店舗があります。超広々とした店内にいろんなお菓子が販売されてるので、白樺さんとともにデブは絶対行くべきスポットです。


ここでお土産を買い込みつつ、自分のデザートとして今回チョイスしたのが「マルセイバターケーキ」。

クルマの中で写真撮ったらちょっと青っぽくなっちゃいました。


これがね、スポンジケーキなんですけど、全くパサパサしてなくて、死ぬほどジューシーなんです。何がジューシーって、そりゃバターですよ。イエスカロリー!マルセイバターサンドに比べて賞味期限がややシビアですが、超美味いのでオススメです。通販でも買えるみたい。

付近を散策していたら、ヒマワリ畑が。北海道の夏はまだ終わってない!

このあと、美瑛方面へ向かう予定なのですが、その前にブレイクタイム。

アイスコーヒーとケーキのセットをいただきました。美味しいコーヒーをいただきつつ、このあとの予定を確認。
※2017年1月より、食事メニューの提供は終了したそうです

美瑛は絵になる風景だらけ!

さて、富良野から再び美瑛に戻ってきました。午後は美瑛の風景をあちこち回っていきます。美瑛では、丘陵地にある碁盤の目のように分けられた畑の区画ごとに様々な種類の作物が植えられていて、まるでパッチワークのような光景が広がっています。

メジャーどころのスポット「セブンスターの木」。

左にポツンと立っているのがセブンスターの木です。左下にいる観光バスのお客さんがいっぱいいたので、ちょっと離れたところから撮ってみました。

続いて「ケンとメリーの木」。

ちょっと空が曇ってきました。しかし、それにしても空が広い……。 

続いて「マイルドセブンの丘」。こうして見ると、広告で使われたことに由来するスポットが多いんですね。

うわーん、結構曇ってきちゃいました。なんだか寂しげな雰囲気に……。上空は風がそこそこ強いようで、雲は結構なスピードで流れています。ちなみに、この時点で16時ごろ。夕焼け空で撮りたかったのですが……。とりあえず粘ってみよう


頑張って粘ってみたところ、夕日を見ることは叶いませんでしたが、日が落ちた方向の雲がちょっと流れてくれたので、なんとか1枚撮れました。

美瑛には、上記のような名前のあるスポット以外にも、それはもうあたり一帯全てがビューポイントという感じです。あちこち回るだけでも楽しいので、バイク旅とかだと最高なんじゃないでしょうか!
というわけで富良野・美瑛を一日でざざっと回ってみました。ホントはそれぞれ1日ずつぐらいかけてゆっくり回りたいところですね……。

次回は、復活のサンバーを回収しに北見へと舞い戻ります!

 

今回使ったカメラとかレンズたち

【レビュー】ハイブリッドズームの性能は?Mate9のカメラでいろいろ撮影してみた!

こんにちは、デーブです。寒いので布団から出たくありませんし、寒さが体からカロリーを奪うので冬は苦手です。でも夏もカロリーを奪いますし、デブにとって暮らしやすいのは春先と晩秋ぐらいしかないのではないでしょうか。悲しいことです。

そんな話はさておき、前回に引き続きMate9のカメラでいろいろ撮ってみたので紹介したいと思います。

前回の記事はこちら

パワーアップしたモノクロセンサーを利用するハイブリッドズーム

第一世代のデュアルレンズを搭載していたP9では、2つのセンサー(カラー/モノクロ)はともに1200万画素(12MP)でした。第二世代になったMate9では、モノクロセンサーが2000万画素(20MP)にパワーアップ。それを利用したのが「ハイブリッドズーム」という、精細感を保ったまま2倍ズームする機能です。詳細な理屈はわかんないですが、多分
・20MPのモノクロセンサーから12MP部分をトリミング
・そこにカラーセンサーで取得した色彩情報を乗せる
という感じなんじゃないかと思われます。最大望遠(デジタルズーム)とあわせて見ていきましょう。

●等倍IMG_20170122_133042

晴れた屋外での写真です。画面中央奥のビルにズームインしていきます。

●2倍(ハイブリッドズーム)IMG_20170122_133053

パッと見では、デジタルズームには見えないシャープさです。これ普通に使えますね。

●6倍(デジタルズーム最大)IMG_20170122_133107

さすがにデジタルズームでは結構ザラザラモヤモヤしていますが(それでも記録用としては使えるレベルでしょう)、ベランダ部分のディテールは結構粘ってますね。

●等倍IMG_20170124_000710

続いて、屋内の例として地下鉄のホームを。

●2倍(ハイブリッドズーム)IMG_20170124_000721

こちらも2倍まではパッと見じゃ分からないと思います。

●6倍(デジタルズーム最大)IMG_20170124_000738

デジタル6倍ズームだと、屋内の暗さもあって流石にそれなりな感じに。最大ズームでもそんなにブレてないのは、手ブレ補正のおかげでしょうか。

P9と等倍切り出しで比較してみる

●Mate9
f:id:TNB:20170124212643p:plain

●P9
f:id:TNB:20170124212816p:plain

前回の記事で比較した1枚めの写真なのですが、ピクセル等倍で比較してみます。記事でも書いたとおり、ほっとんど違いはないんですが、壁のタイルだったり室外機のファンの部分をよく見ると、Mate9の方がちょびっとだけ精細感が高いように思います。

その他の撮影例

IMG_20170121_183047

賑わうゲームセンター店内。低照度環境ですが、綺麗に写ります。点光源にフレアがでにくいのも特徴的。

IMG_20170121_191735

カレー。フィルムモードは「ソフトな色」にしていますが、だいたい見た目に近い色合いに収まるように思います。

IMG_20170122_132655

ワイドアパーチャモードで後ろをボカしてみました。そういえば、P9のときはワイドアパーチャで撮影したときはウォーターマーク表示できなかったような気がするんですが、地味に修正されてますね。

IMG_20170122_230549

梅の花が咲いていました。すっかり忘れてましたが、1月の花といえば梅ですよね。街灯の下で撮りましたが、かなり暗いところでもまあなんとかなります。

IMG_20170118_181531

 

夜景を撮るときは露出を-0.3EVぐらいにしてやるとちょうど良さそうです。

以上、とりあえず色々撮ってみました報告でした。

 

(C)エンジョイ!デブライフ