読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ!デブライフ

人生をずっとデブとして生きているデーブ・トクモリの日々。デブがデブのままエンジョイしてもいいじゃない。「楽しいこと、アツいこと=熱量(カロリー)」を求めて、グルメ、おでかけ、写真、ガジェットetc...と、いろいろやっていくブログです!

【追記あり】サンバーバン(軽貨物)に乗ってるとケツが痛い!という悩みがスプリング交換で解消!

クルマ サンバー

2016/9/26追記
色々あって純正スプリングに戻しました。スプリングによる車高調整は、車の足回りに負荷をかける可能性がありますのでご注意ください。詳細は記事末尾に追記しました。

こんにちは。デーブ・トクモリです。歩きたくない、クルマで移動したい。デブだから。

そんな一心で、いまはスバルのサンバーバンに乗ってます。スバル自社生産の頃の、リアエンジンのやつです。
f:id:TNB:20160912234149j:image

で、荷台を簡易車中泊(簡易といってもマットレス敷いてるし普通に足伸ばしてグッスリ寝られます)にしたりして活用してるんですが、こいつ4ナンバーの軽貨物車だけあって、致命的な欠点が一つあるんです。

サスペンションが硬くてケツが痛い。

なにしろ、「荷物いっぱい載せても車高が下がらない」ことが求められる商用車なので、サスペンションが大変硬い。地面の細かな凹凸も、ダイレクトに響きます。クッション性ゼロ。しかも、このサンバーというクルマはフルキャブオーバー型でして、タイヤ前輪が運転席の座面の真下にあるんです。

f:id:TNB:20160917011318j:plain

だもんで、運転してると常にケツの下がガタガタ言ってるような状態になりまして、長時間運転してると結構キます。腰が痛いとかじゃなくて、ケツが痛い。

ケツ痛い問題の解決方法

この問題を解決するには、おおまか以下の様な方法があります。

・タイヤを交換する
・サスペンションを交換する

・タイヤ交換
商用車は、タイヤも貨物用のものを履いているので、こいつを乗用車用のタイヤにしてやれば、かなり乗り心地は良くなるはずです。費用対効果的には多分いちばんいいんじゃなかろうか。ただ、車検に通らなくなるので、車検のために貨物用タイヤを取っておく(車検のときだけ履き替える)必要が出てきます。2年に1度のためにタイヤの保管場所確保するのはちょっとめんどくさいですね。

・サスペンション交換
ここでいう「サスペンション」とは、スプリングとショックアブソーバーからなる「ダンパー」と呼ばれるパーツになります。荷重の反発と衝撃吸収を司る部位なので、今回のテーマ的には本命中の本命です。ただ、スプリングとショックをまるっと交換すると、多分相当高いです。パーツだけで10万ぐらいすると思う。工賃入れたら15万ぐらい?もっとするかも。

ただ、スプリング交換だけならそこそこリーズナブルです。パーツは2~5万円ぐらい、取り付け工賃も2~3万円でしょうか。スプリング交換は車高にも影響しますが、車高が上がる方向(アップサス)であれば、車検への影響もないはずです(軽自動車で全高2m超えちゃうような場合は構造変更届が必要になるので注意。気になる人は、最寄りの軽自動車車検協会に聞いてみましょう)。

というわけで、今回はスプリング交換を選択することに。

スプリング交換の結果は?

f:id:TNB:20160917014620j:plain

今回、株式会社フォレスト・オートさんのリフトアップスプリングが良さそうだった(取り付けの事例もいっぱいあるし)のですが、残念ながら在庫切れ。次の入荷は予定しているおでかけに間に合わないので、泣く泣く断念。あれこれ探してみた結果、オーバーテックさんがサンバー対応(かつ車検適用)のリフトアップコイルを出していたので、こちらを選択しました。

取り付けをお願いしたのは、軽自動車のカスタム専門店、モデストさん。

単純に「サンバーいっぱいいじってそうなとこ」という基準で選んだのですが、快く引き受けていただきました。その結果は……

f:id:TNB:20160912234001j:image

f:id:TNB:20160917020525j:plain

いやー、ケツがずいぶん持ち上がりましたねwww(2016/9/26追記→これが後輪ドライブシャフトに負担をかけている可能性があるのでご注意ください)
オーバーテックさんのブログなんかでも「前輪より後輪が上がる」という話は書かれてた(確か)ので、予想はしていたのですが、前輪側+3.5cmだとしたら後輪は6cmぐらい上がってるんでは。

f:id:TNB:20160917020840j:plain
※↑の写真はちょっと前下りの場所で撮ってます

なんかこう、もうちょっとした女豹のポーズですよこれは。肉食系サンバー。ちなみにモデストの方いわく「オーバーテックさんのスプリングは初めて付けたけど、FAF(フォレストオート)さんのよりショック吸収はいいかも」とのこと。取り付けもFAFさんのよりラクだったらしく、見積りより工賃安くしてくれました。ただし、懸念点としてはヘタレ(劣化)がどうなるか分からないとのこと。こればっかりは1年ぐらい乗ってみないと分からないですね。

感動の乗り心地!もうケツ痛も怖くない!

で、当然乗って帰るわけですが、もう感動しっぱなし。路面の凹凸からくるショックが、カドが取れてマイルドになってることが実感できるわけですよ。すげー!普通の乗用車みたいだ! そりゃまあ、タイヤの真上に座ってるので、完全に振動を消すなんて望むべくもないんですが、とりあえず走っててケツにガタガタ来るのが気にならないレベルになっただけでももう感動の嵐です。4ナンバーのサンバーを乗用メインで使うなら絶対やるべきですよこれは!

というわけで、シルバーウィークはまろやかなドライブが楽しめるようになったコイツで、試される大地に挑戦してきたいと思います! ではでは!

 

2016/9/26追記

冒頭にも書いたとおり、現在はノーマルスプリングに戻しています。

この足回りの改造後、700kmほど走ったところで後輪のドライブシャフト(左)が折損し、走行不能になりました。必ずしもこのスプリングが原因とは断定できない(経年劣化や、その他の要因も十分ありえます)のですが、直近での変更点ということもあり(他の部分はノーマルだし)、原因そのもの、あるいは「引き金」を引いた形になったのではないかと思っています。

修理をしていただいたスバルのディーラーの整備担当者さん曰く、前輪に比べて後輪のリフトアップが高く、ドライブシャフトの角度が大きくついたことで(ノーマルショックの可動範囲内とはいえ)ドライブシャフトに負荷がかかったのではないか、とのことでした。

オーバーテックさんにも確認しましたが、「サンバーバン(TV1/TV2)では、積載時に後輪側が沈むという要望が多く、それに対応したため現在の仕様になっている」との回答をいただきました。

これはあくまでデーブの車体で発生した一事例に過ぎませんが、個人的な印象としてはサンバーバンでバリバリ積載しない(貨物車として使用しない)使い方であれば、このスプリングは避けた方が良いのではと思います。路面からのショック吸収という点では非常に乗り心地も良かっただけに残念ですが、ひとつ勉強になったと思って、これからもサンバーを乗り続けて行きたいと思います。


▲ノーマルスプリングに戻したサンバー君近影

 

広島カープ優勝!熱狂的広島ファンたちの原点を描いた「広島カープ誕生物語」のKindle版を読もう!

野球

 こんにちは!デーブです。いきなりですが、

広島東洋カープ、25年ぶりの優勝おめでとうございます!

かくいうデーブは阪神ファンだったりするのですが、今年のカープは強かった。脱帽です。個人的にも、阪神で優勝を経験させてやれなかった(偉そうな言い方ですんません)新井貴浩選手が、広島に戻って優勝出来て、とてもうれしく思っています。新井さん、良かったね!まさか4番で打点王(9/10現在) とは思わなかったけど。

f:id:TNB:20160910234018j:plain

すでに各地で大フィーバーになっていますが、ここで1冊の本を紹介したいと思います。「はだしのゲン」で知られる中沢啓治先生の「広島カープ誕生物語」です。復刻版もプレミア付いたりしてて結構高い本なのですが、Kindle版もあるので、この機会にぜひ読んでみてください!

中沢啓治著作集(1) 広島カープ誕生物語

中沢啓治著作集(1) 広島カープ誕生物語

 

なぜカープは熱狂的に広島で愛されるのか

f:id:TNB:20160910231319p:plain
この作品は、戦争で大きな傷を負った広島という地の復興に、いかに野球がよりそっていたか、そして念願の末誕生したカープが広島市民にとってどれだけ大きな存在かが描かれています。

f:id:TNB:20160910232607p:plain
創設間もないカープは資金難に苦しみ、チーム成績も長く低迷。

f:id:TNB:20160910231907p:plain
そんな球団を、広島市民の矜持が支えます。

広島東洋カープは、球団創設以来、経営的には特定の企業の傘下になったことがない「市民球団」。カープファンにとって「自分たちの球団」という愛着感が強いのもわかります。

f:id:TNB:20160910232348p:plain
広島に来てくれる選手には惜しみない愛を注ぎ、

f:id:TNB:20160910233004p:plain
時にその熱狂はとんでもない方向に噴出したり。

そんな熱狂的なファンに支えられたカープですが、初優勝までは実に26年の時を要します。本作では、その道のりを、主人公の少年が、カープの創設、そして初優勝に至るまでを、その人生にオーバーラップする形で描かれています。

「はだしのゲン」では戦争の悲惨さと、そこから立ち上がる人々の力強い生き様が描かれていましたが、本作ではカープの初優勝というゴールが、大きなカタルシスを感じさせる、「はだしのゲン」とはまた異なる傑作だと言えるでしょう。

カープ25年ぶりの優勝の今、改めて読む価値のある作品だと思います。

それではあらためて

広島東洋カープ、優勝おめでとう!!!!

f:id:TNB:20160910230652j:plain

 

中沢啓治著作集(1) 広島カープ誕生物語

中沢啓治著作集(1) 広島カープ誕生物語

 

 

飛行機にはカメラを持って乗るべし!お手軽絶景空撮をしよう!

写真 おでかけ

こんにちは。デーブです。飛べないただのブタです

さておき、もうすぐ夏も終わりなわけですが、これからシルバーウィークや秋の行楽シーズンに突入していくわけで、今こそ飛行機でお出かけしようと提案したいのです。(夏場は飛行機代も高いしね)

そして、機内にはぜひカメラを持ち込んでいただきたい!(クワッ!)

飛行機じゃなきゃ撮れない景色がある

ちょっと前まで「フライト中の電子機器全般一切NG」だった(←今更ながら無茶苦茶だよなこれ)飛行機も、今は「電波を発しない状態(スマホなら機内モードとか)ならOK」となっております。なので、こんな景色がお手軽に撮れちゃったりします。


▲瀬戸内海に浮かぶ島々と夕日。雲の切れ目から差す夕光がいいあんばいに

カメラはコンデジでもスマホでもOK!

写真を撮るのに、一眼レフとかあった方がいいの?と思うかもしれませんが、ズームで特定の場所をドアップにするとかでなければ、フツーのコンデジ(コンパクトデジカメ)かスマホのカメラでも十分です。


▲これはコンデジ(RX100M3)で撮った富士山

▲こっちはスマホ(Huawei P9)で撮った写真。十分でしょ?

一眼レフというよりは、高倍率ズームがあった方が色々出来て良いのは事実です。かさばるけど。こちらは、一眼レフ+高倍率ズームレンズの組み合わせ。


▲広角側(24mm)では、関東平野全景をぐいっとフレームに入れられます


▲ピンポイントで足元の景色を切り取ったりとか


▲ちょっと離れたとこでも無理やりズームして撮ることも。ちなみに自宅が写ってます

おすすめと注意点

ここまで紹介してきた写真を見ればお分かりかと思いますが、オススメは朝と夕方です。いやまあ日中でも全然問題ないんですけど、朝夕の方がなんとなくドラマチックな光景になりやすいです。

いや、その、夜景も凄いんすよ。特に、関東平野とかいう超絶人口密集地を天空から一望した際に見られる光景は、そりゃもう凄いです。凄いんですよ。でもね、

めちゃめちゃ写り込むんですよ。機内が。どうしたって機内が明るいからどうしようもないというか。上の写真も、Lightroomの「かすみ除去」機能でメチャクチャ補正してるんですけど、写り込み自体は補正しきれないですねやっぱり。

忍者レフみたいな写り込み防止アイテムを使えばもうちょい綺麗に撮れるかもしれませんけど、なかなかこれ機内で広げる勇気はないかなー(カメラ出してる時点で気にすることではないかもしれないけど)。あと、ちとお高い。

 

そんなわけで、せっかく飛行機にのるなら、写真を撮っておきましょう。ホントは事前に航路とか調べて、左右どっち側の窓を取るか、とかまでやるべきなんでしょうけど、そこまでやりだすと疲れそうなので、今回はこの辺で!

あ、事前にデジカメのWi-fiモードをオフにすることを忘れずに!(一番大事)

 

 

今回使ったカメラとかレンズたち

 

 

Huawei P9で撮った、夏の思い出2016

写真 スマートフォン おでかけ

どうも、デーブ・トクモリです。アツがナツいですね。

夏は苦手です。暑いから。デブで夏が好きっていう人は、相当な境地だと思います。普通にリットル単位の汗が出るんで、冷感速乾系のシャツとか着てると、かえって放射熱で風邪引いたりします。ままならないものです。

そんなこんなで、夏は仕事も忙しいし(ここんとこずっとそんな感じでしたが)あんまネタになるようなお出かけもできてないので、合間合間にHuawei P9で撮った写真を並べてお茶を濁してみようと思います。
駒形どぜう(本店)で食べたドジョウ。小骨チクチクするかと思ったけど、普通にホクホクだった。ウナギより好きかも。



隅田川花火大会。曳舟の某所より。P9のカメラの「ライトペインティングモード」を使用して撮影。いちおう壁に押し付けて固定して撮ったんですけど、思いの外ちゃんと写っててビックリ。スマホでも花火撮れる時代来てるね……。


こっちは酒田花火ショー2016で撮った花火。今年は仕事の関係で、3~4箇所ぐらい花火大会に行ったんですが、ここの花火が一番凄かった。ちなみに、この写真も「ライトペインティングモード」。しかも完全に手持ちです。



広島は宮島で食べたかき氷。ワイドアパチャー効果で背景をボカしてみました。点光源とかちゃんと玉ボケするのね。



同じく広島・宮島にて。前にも書きましたが、点光源でフレアとか出にくい(全く出ないわけではない)ので、こういう日没の夕景とか超得意。ちなみに、宮島も仕事で行ったんですが、仕事で忙しすぎて特に書けるエピソードとかはないです。


あ、お好み焼きはちゃんと食べましたよ。メチャクソ美味かった。



飛行機に乗る醍醐味、それは窓からの空撮! とはいえ、広角だと窓の縁が入りがちなのが難しい。



松山駅前にて。先ほどの宮島もなんですが、瀬戸内で一番好きなのが夕景かも。逆光で明暗差が激しいんですが、まあまあ綺麗に補正してくれてますね。

ちょっとしたときにサッと写真を撮っておく、スマホらしい楽しみ方にはうってつけだと思います。というかコンデジ(RX100M3)の使用率が激減していてヤバい。。。ポケモンGOも普通に動くし(ときどきタップ効かなくなったりするけど)、旅のお供にオススメですよー。

 

【追記21:55】はてなフォトライフにアプリ経由でアップした写真がジャギジャギだったので差し替えました。はてなさん、そりゃないよ(´・ω・`)

現代の奇祭!? 「キリストの墓」で行われる「キリスト祭」に行ってきた!(2016年版)

おでかけ イベント 写真

青森県のミステリースポット「キリストの墓」

こんにちは。デーブ・トクモリです。実は私、大変宗教に関わり深い人生を送って参りました。実家の宗派は真言宗、幼少時はキリスト教系の幼稚園に通い、正月は神社への初詣を欠かさない。そう、典型的な無宗教の日本人です。皆さんはいかがですか?

f:id:TNB:20160609173654p:plain

そんな私が「イエス・キリストは死刑を逃れ、日本に渡った。その墓が青森にある」という噂に、じっとしていられるわけがありません。だってそうでしょう?キリストですよキリスト。ジーザス・クライストですよ。

というわけで、2014年のシルバーウィークに行ったんです。青森県新郷村にあるキリストの墓。キリストの墓については、すでにネットでも結構知られて来ていて、大手メディアによるちゃんとした取材もあるのでそちらも参考にしていただければと。

年に1回開催される「キリスト祭」

そしたらこれがね、大変いいところだったんです。でもって、毎年6月の第1週に「キリスト祭」なるお祭りがあると。これは是非見てみたいなと思うこと2年、ついに念願かなったので、今回は2016年6月5日に開催された、キリスト祭の模様をお届けします!

続きを読む

(C)エンジョイ!デブライフ