エンジョイ!デブライフ

カロリー大好き!「楽しいこと、アツいこと=熱量(カロリー)!」というわけで、単に好きなことやってるブログです

【北海道クルマ旅2019③】寿司!エスカロップ!北方領土!北海道最東端・根室をゆく

f:id:TNB:20200131011309j:plain

どもども、デーブです。令和2年になっちゃいましたが、引き続き令和元年9月の旅行のことを書いていきます。

前回はこちら 

前回がかなりの長距離移動だったので、今回は移動はほどほどにしていきたいと思います。目的地は、根室半島、納沙布岬です。また岬!

ざっくり170kmぐらいの旅程。コンパクトですね!(ガンギマリ)

釧路の朝っていったら、和商市場よね

3年前とやってることが全く一緒なんですが、釧路の朝は、朝食&おみやげをゲットカロリーするために、和商市場へ行きます。

鮮魚を中心に、野菜や菓子類、珍味など様々な商品が取り扱われています。

今回は、鮮魚類(冷凍されてクール便で配送される)はパスして、鮭とばやタコの燻製など、珍味類メインで物色していきました。

そして、和商市場といえばこちら。勝手丼。朝からカロリーを入れていくぞ~!

キングサーモン、トキシラズ、サクラマス、とサーモン多めの構成に。朝からやる気出てきた!

根室へひたすら真っすぐ行くぞ

さて、先に書いたとおり、この日の目的地は根室の納沙布岬。釧路から根室へは、国道44号をひたすら進む超シンプルな行程です。

なんたってナビの案内がこれです。「119km先を右折」。まーじで。

しかし、下道をひたすら真っすぐ進むのはいささか疲れます。というわけで、厚岸郡厚岸町にある道の駅「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」に立ち寄ることにしました。

厚岸といえばカキ! というわけで、オイスターカフェで焼きガキをいただきます!

んほぉ~~~!ツヤッツヤのプリップリでおいしー! 気分転換にカロリー補給も完了したところで、もうひと踏ん張りです。

北海道の東端・納沙布岬で、霞む海の向こうに北方領土を望む

そんなこんなで、到着しました北海道の最東端・納沙布岬。

岬の先端から、「その先」を展望します。この日は空は曇っていて、海上もガスっぽい状態で、正直見通しはよくありませんでした。

納沙布岬の正面には、歯舞群島が点在しています。歯舞群島は、もともとは根室半島の延長上につながっていた陸地だったと言われています。

で、根室半島が高低差のない平らな地形であるように、歯舞群島もまた平べったい島ばっかりなんですねこれが。なので、この日のように曇り空かつ海上がガスってると、非常に見つけづらいです。

そんな中でも、パッと見て気づく、明らかな人工物がありました。

望遠&トリミングで拡大したのがこちら。完全に廃墟に見えますが、これは貝殻島灯台です。

 2019年7月の日露首脳会談で、貝殻島灯台の改修について検討に入ることで合意したそうですが、実作業は進んでいなさそうでした。

北方領土については、納沙布岬のすぐ近くにある「北方館」で詳しく解説されています。

パンフレットもいっぱい。運転中だったので写真を撮ってないのですが、納沙布岬への道には、電柱などに「返せ!北方領土」的な標語が多数掲出されていました。ここは、北方四島を直接望む、最前線なのだと痛感します。
(知床半島も近いけど、あっちは先端部まで行けないですしね)

(自宅から持ってきたキャップがロシアのもので、ここで被ってなくて良かった)

ランチは根室のご当地グルメ「エスカロップ」!

さて、ランチです。カロリーの時間です。せっかく根室に来たので、根室のご当地グルメ「エスカロップ」を食べることにしました。訪れたのは、エスカロップ発祥の店「モンブラン」の流れを引く、「喫茶どりあん」さん。

エスカロップとは、ピラフ(ケチャップライスorバターライス)の上にカツをのせて、ドミグラスソースをかけたもの。もともとは、フランス語のescalope(エスカロープ、肉の薄切りのこと)に由来するそうです。根室の洋食店「モンブラン」で考案され、地元で広く伝わったのだとか。

どりあんのエスカロップは、バターライスの上に薄切りの大きなカツがのるスタイル。

見た目からして、結構重い、ガツンと来るタイプの料理かなと思ったら大違い。カツは、衣のカリッとした食感のあと、噛んでるうちにフワッと口の中で溶けて消えてしまいます。えっ、なにそれ。どこいったの? っていうぐらい、スッと一皿なくなってしまいました。もう一皿食べればよかった。

午後からは天気もあまり良くなかったので、この日はちょっと早めに根室駅近くのホテルにチェックイン。

車中泊できるクルマでの旅行ですが、定期的に宿には泊まります。ポータブル電源にがっつり充電しときたいので。今回、こちらのポータブル電源を車載しています。

車中泊旅は、感覚的に「夜が長い」(非電源下で日没から朝まで過ごすことに)ので、ポータブル電源は強い味方です。

ハイクオリティな回転寿司「根室花まる」でフィニッシュ!

根室の飲み屋街に繰り出すか?とちょっと悩んだんですが、雨がやみそうにないので、ホテルから歩いていけるところにある、「回転寿司 根室花まる 根室店」さんでゲットカロリーすることに。

地元の人気店ということで、1時間ぐらい店内で待ちました。しゃーない。

北海道産のネタを中心に、新鮮なネタをおなかいっぱいいただきました。

帰り道に見かけた道路案内板。英字(アルファベット)表記とともに、ロシア語表記があるあたりに、土地柄を感じました。

 

次回は、サーモン編です!!!

 

 

今回使ったカメラとかレンズ